ベーシック・トイレトレーニング6 -実践編1- | 親子で楽しむ♪トイレトレーニング応援ネット
2014.4.22
ベーシック・6

ベーシック・トイレトレーニング6 -実践編1-

【ベーシック・トイレトレーニング】-実践編-

 

準備が完了したら、いよいよトイレトレーニング スタートです!

 

ここからは具体的なトイレトレーニングの進め方について
お話したいと思います。

 

簡単にポイントをまとめると、、、

 

1.子供をトイレ(おまる)に慣れさせる。
2.子供をトイレ(おまる)に誘ってみる。
3.子供が自分からトイレに行きたがる。

 

というステップで進めます。

 
 

それでは各ステップについて、詳しく見ていきましょう。

 
 
 

1.子供をトイレ(おまる)に慣れさせる。

 

トイレ(おまる)がおしっこやウンチをする場所だということを
教えてあげる必要があります。
そして、トイレ(おまる)に座ることに慣れさせましょう。

 
 
 

①おむつにウンチをしたら一緒にトイレに捨てに行き流させる。

 
 

おむつ替えの時に、ウンチをしていたら、トイレにウンチを
流してから捨てますよね?
そのとき、子供にも一緒にお手伝いをさせてください。

 
 

「ウンチくんバイバイしに行こうね~。」などと誘って、
一緒にトイレに行き、便器の中にウンチを落としたら、
子供に流させてあげて「ウンチくんバイバイ~イ」とさよならしましょう。

 
 

最初は大人がやってみせて、流水レバーの使い方を
教えてあげてくださいね。

 
 
 

②大人がトイレに行く時に連れて行く。

 
 

お母さんやお父さんがトイレに行くときに、「ママ(パパ)トイレ
に行くから一緒に行く?」と誘ってみましょう。

 
 

機嫌が悪いときや何かに夢中になっているときは避け、
機嫌が良さそうな時を見計らって誘う習慣をつけます。

 
 

子供は喜んで着いて来て、大人のすることを
興味津々で観察するでしょう。

 
 

ここで、トイレは怖い場所じゃない、なんだか楽しそう!と
思ってもらうことがポイントです。

 
 

「ここはおしっこやウンチをするところなんだよ~。」とか
「じゃあおしっこバイバイしようね~。」など、必ず子供に声を
かけてあげてください。

 
 
 

③実際にトイレ(おまる)に座らせる。

 
 

子供は大人の真似っこが大好き。
大人がトイレでしているのを見て、自分もやってみたい!
と思うはずです。

 
 

子供がトイレに興味を持ったら、実際に座らせてみましょう。

 
 

「なんでも自分でしたい」という子供の自立心を
上手くくすぐるのがポイントです。

 
 

また実際に座ったら、「うわ~、すご~い!座れたねぇ。
偉~い!」と大げさに誉めてあげてください

 
 
 

★☆無料プレゼント☆★

トイレトレーニング
「実践手帳」
無料で差上げます!


トイレトレ手帳表紙S
たった1日楽しいトレーニングでおむつがバッサリはずせちゃう♪

ラクして楽しく!話題の
1DAYトイレトレーニング

~笑顔の楽々トイレトレーニング~
「実践手帳」
PDF無料プレゼント中!!

メールアドレス
  • お問合せ