トイレトレーニングアドバイザー®さんちのトイレトレーニング記② | 親子で楽しむ♪トイレトレーニング応援ネット
2016.6.22
トイレトレ1

トイレトレーニングアドバイザー®さんちのトイレトレーニング記②

こんにちは!

 

JCCRA認定のトイレトレーニングアドバイザー®森下湖乃美です。

 

引き続き、トイレトレーニングアドバイザー®さんちのトイレトレーニング記②です。

 

本日は【息子1歳半~2歳】の記録をご紹介したいと思います。

 

まずは、この頃の様子から振り返りたいと思います。

 

📋息子、この時期の様子
☑断乳(離乳食から大人と同じようなものを取り分けて食べるように)
☑しっかり歩けるように
☑おしゃべりの単語数はそんなに増えず
☑名前を呼ばれたら来る
☑おしっこの間隔30~50分
(比較的午前中が比較的多めの尿量(おむつを持った感じの重さで)と感じていた)
☑ウンチの時だけ隠れるように
☑少しずつ『いやいや』が始まりおむつを取り替えるのを嫌がるように

 

一般的な育児書等に書かれているトイレトレーニングの適齢期にさしかかりました。
早いお子様であればこの時期からおむつはずしができてしまう子もいるでしょう。
しかしながら、息子はまだまだおしっこの間隔が短く少量ずつであった事と言葉の理解がまだ追いついていなかったのでまだ様子見の期間でした。

 

そして、ご存知の方も多いかとおもいますが、トイレトレーニング適齢期といわれるのこの時期は『いやいや期』の到来でもありますΣ(゚Д゚)
↑毎回全力で嫌がってくれていました(*_*;
おむつを取り替えることを嫌がるようになり、2歳目前にして、そのいやいやぶりは毎日、毎回・・・。ビギナーママとしては結構参ってしまうほどでした。特に朝起きてすぐからいやだ~と大泣きされると・・・( ;∀;)少しほとぼりのさめる朝食後のお着替えまでおむつを取り替えないことがこの時期多かったです。このせいで、おむつが濡れている状況が平気になってしまうので、おしっこした後の(事後)報告の感覚が鈍ります。これは、今振り返ってみてダメだったな~と反省していることのひとつです・・・

 

この頃の取り組みとしては、トイレトレーニングに関する絵本を購入したり、家族のトイレ見学、親戚のお兄ちゃん( 当時4歳)のおトイレ見学をさせてもらうということを意識して行っていました。これは早い時期からはじめて良かったことです。

 

【今日のポイント】

『いやいや期』・・・ 特に息子はごまかしの聞かないタイプ(気をそらす作戦などは無効でした)だったのでビギナーママとしてはこの時期とてもつらかったです。

ですが、24時間ずーっと、『いやいや』ではないんです。これは一緒にいて分かったことです。必ず機嫌の良い時間がどこかにあったので、それを見つけてトイレ見学や絵本の読み聞かせをしたりしていました。『いやいや』ちょっと参っている方は『機嫌の良い時間』を少しでも見つけてそこを狙ってみてください。

 

 

次回の【トイレトイレトレーニングアドバイザー®さんちのトイレトレーニング記③】は

2歳から2歳半の記録をご紹介します。

 

【投稿者】

plus happy(プラスハッピー)代表 森下湖乃美

profilekm9

JCCRA認定

ベビーセラピスト/セラピスト養成トレーナー

トイレトレーニングアドバイザー®/養成トレーナー

1児の現役ママ

出産を機に東洋式ベビータッチと出会い家族を支えながら、自分自身もやりたいことを仕事にする

という働き方(ママ起業)に憧れ起業を決意

以前より所持していた姓名判断開業免許を活かした赤ちゃん命名講座とJCCRA認定の東洋式ベビータッチ、トイレトレーニング講座の3本柱で楽しい育児に繋がるお手伝いを!と心を込めて講座開講中

【プラスハッピーHP】

【プラスハッピーブログ】

★☆無料プレゼント☆★

トイレトレーニング
「実践手帳」
無料で差上げます!


トイレトレ手帳表紙S
たった1日楽しいトレーニングでおむつがバッサリはずせちゃう♪

ラクして楽しく!話題の
1DAYトイレトレーニング

~笑顔の楽々トイレトレーニング~
「実践手帳」
PDF無料プレゼント中!!

メールアドレス
  • お問合せ