ダメって言ってはダメですか? | 親子で楽しむ♪トイレトレーニング応援ネット
2015.2.26
ダメ

ダメって言ってはダメですか?

トイレトレーニングをはじめると
おもらししてしまったり…
トイレに集中できなかったり…
 
 
そんな時に「ダメ」って言ってはダメなのでしょか?
とご相談を受けることがあります。

 
 
わたしの答えは「大丈夫です!」です。

 
 
 

お子さんが傷つくから「ダメ」と言うのはやめましょう。

とよく耳にします。

 

そして、ダメの代わりにバツやペケ、ぶぶーという

言葉を使っているのをよく耳にします。

 
 

わたしからしたら、バツやペケ、ぶぶーもダメと一緒
どれもダメと同じ意味で使っているからです。

 
 
 

言葉は親がどういうシュチュエーションで

どんな気持ちで言っているかによって、
受けとめる子どもの認識は変わります。

 
 
ダメでも、バツでもペケでもぶぶーでも一緒です。
 
 

感情的になっていたり、責めてしまっているようでしたら
子どもはその言葉を耳にした途端「怒られた、責められた」
と捉えます。

 
 

ですが落ち着いた状態で「何がダメなのか」
「○○がダメなのよ」という様に伝えてることをしていれば

 

だいたいの子どもは「怒られた、責められた」と
感じることなく、自分がダメなのではなく

 

このことがダメなんだ。
そのことがダメなんだ。と受けとめ理解します。

 
 
 

言葉は「いいのよ~、大丈夫よ~」と言っていても

 

怒ってイライラした口調だったり、
顔は笑顔なのに目が怒っていたり、

 
 

これって、逆にものすごく怖いですよね・・・

 
 

お子さんはママの顔色ばかり気にしちゃうかもしれませんね(^^;;

 
 
 

言葉にこだわりすぎるよりも・・・

 
 

言葉よりも気持ちが大切♡
なのではないでしょうか…

 
 
 

と、5人の子育てをしていて感じる珠里でした^ ^

 
 
ダメ 
 

★☆無料プレゼント☆★

トイレトレーニング
「実践手帳」
無料で差上げます!


トイレトレ手帳表紙S
たった1日楽しいトレーニングでおむつがバッサリはずせちゃう♪

ラクして楽しく!話題の
1DAYトイレトレーニング

~笑顔の楽々トイレトレーニング~
「実践手帳」
PDF無料プレゼント中!!

メールアドレス
  • お問合せ