究極のトイレトレーニング!たった1日でバッサリおむつを取る方法【11】-実践編6 おもらしをした時の対応- | 親子で楽しむ♪トイレトレーニング応援ネット
2013.12.17
アイキャッチ11

究極のトイレトレーニング!たった1日でバッサリおむつを取る方法【11】-実践編6 おもらしをした時の対応-

【一日でおむつがはずせる 】
 
 

★おもらしの時の対応

 
 

このトレーニングは、おしっこはパンツの中ではなく、

トイレでするものだという「意識」を子供に植えつけることが

目的ですが、トレーニング中にはおもらしをしてしまう場合も

もちろんあります。
 
 

☆おもらしをしてしまった時は、、、

 
 

①不快の念をあらわす
②用便の手順を再確認する
③パンツが濡れていることを自覚させる
④自分で乾いたパンツに履き替えさせる

 
といった対応をしてください。

 
それでは、それぞれ細かくみてみましょう。

 
 

①不快の念を言葉で表す。

 
 

おもらしをし始めたらすぐに「ダメ」と言ってください。

次に何がダメなのかを説明します。

 
「パンツにチッチ出たでしょ。パンツ、ビチョビチョね。」
などと説明し

 
「ビチョビチョのパンツイヤね」
など、不快の念を示します。

 
ただし、何度もしつこく繰り返す必要はありません。
おもらしをした直後数秒程度にしてください。

 
また、決して体罰などを加えたりしないでください。

 
 
②用便の手順の復習

 
 

「パンツにチッチはダメだから、練習しようね」
などと説明し、先ほどお漏らしした場所へ連れて行きます。

 
「オマルに急いで行こう」と言い、便器に行き、パンツを
下ろして腰をかけるという一連の行為をできるだけすばやく
子供にやらせます。

 
ただし、ここでおしっこをさせる必要はないので、座っても
すぐに立たせてパンツを履かせます。

 

そしてまた元の場所に戻ったら、再度同じ要領でこの練習を
2~3回繰り返します。
残りの8回は、家の中の色々な場所を起点とし、練習を
繰り返させます。

 
これはおしっこがしたくなったら、急いでトイレに行くための
練習なので、全ての行為はできるだけ手早く行うよう
「急いで。」ということを強調しながら行いましょう。

 
 
③濡れたパンツはイヤだと自覚させる。

 
 
②の練習を終えたら、今度は濡れたパンツの自覚を促す
という作業に入ります。

 
練習を終えた直後から、子供にパンツが乾いているか聞き、
実際に自分のパンツに触らせてください。

 
このときパンツは濡れたままですから、パンツが濡れている
ことに対して、失望の念を表します。

 
これを10回繰り返し、パンツが乾いている時と、濡れている時の
感覚が違うものだということをしっかり認識させます。

 
 
④お漏らし後の後始末をさせる。

 
 
③のパンツチェックが済んだら、今度はパンツを履きかえる
ように指示を出します。

 
できるだけ子供自身に履き替えさせるよう、手助けは
最小限にしてください。

 
脱ぎ終わったパンツは自分で洗濯カゴに入れさせましょう。

 
また、おもらしをした床も自分で拭くようにさせます。

このおもらしを拭く作業は、漏らした直後に行ってかまいません。

 

これらの後始末をさせることにより、子供はなぜおもらしが
好ましくないのかを実践的に学びます

 
 
以上がおもらしをした時の対応ですが、トレーニング開始直後、
まだ用便の手順を最後まで教えていない時におもらしをした
場合は、①と④だけ実行すればよいでしょう。

 
 
注意してほしいのは、おもらしをした時、決して腹を立てて
怒ったりしてはいけないということ。

 
おもらしをした後の対応を実践している最中も、絶対に
声や態度に怒りを表さないでください。

 
声を荒げてどなったりするのは禁物です。

 
またお尻を叩いたりするなどというのは論外です。

 
そんなことをしたら、子供はただ苦痛を感じるだけで、一体
なぜ怒られているのか分からぬまま、おもらしを防ぐための
肝心なところを習得はしてくれないでしょう。

 
ですので、普通の口調で穏やかに話をしましょう。
(ただし、おもらし直後に「ダメ」と制するのは例外。)

 
そして、なぜこのような練習をしなければならないのかを
ちゃんと言葉で説明してあげます。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

★☆無料プレゼント☆★

トイレトレーニング
「実践手帳」
無料で差上げます!


トイレトレ手帳表紙S
たった1日楽しいトレーニングでおむつがバッサリはずせちゃう♪

ラクして楽しく!話題の
1DAYトイレトレーニング

~笑顔の楽々トイレトレーニング~
「実践手帳」
PDF無料プレゼント中!!

メールアドレス
  • お問合せ